movie

ベイビー・ドライバー観てきました


上手く言えないんですが、本当に、本当にすごく良い映画だったので、何も言わずに皆さん観に行ってください……すごい良かった……。
音同期がとにかく気持ち良いし、お話も盛り上がるところがわかっててとにかく心地よいし、最後まで満足感でいっぱいな映画です。
ベイビーくんの大人になりきれてないところが可愛くて危なっかしくて目が離せない。
ドクはひどい大人だな!って思いながら、見せ場で本当に魅せてくれるので大好き。
バディさんがとことんカッコイイ、悪い大人だ!!!
ベイビーくんの里親、ジョセフさんもとってもとってもステキ、ジョセフさんが里親で本当に良かった。
使われてる洋楽全部全部ちゃんと意味があってそこで使われるべき形で使われてて脱帽です。
無茶苦茶やってるのに、しっかり考えて、きちんと作られているのがすごい。

冒頭6分だけでグイグイ引き込まれます。


ショットガンの銃声と音楽がピッタリ合ってる~~~ってか全部の動作に全部のリズムが合ってる~~~~~~はーーーー気持ちいい~~~~~~~~。
この気持ちよさが終わりまで続くのでホントたまらないです。

そして同じ監督が2011年に作ったMVがベイビー・ドライバープロトタイプな感じでこれまたすごく良い。


今から9年前には構想があったらしいので、この頃にはイメージも固まってたのかもしれない(_◜◡‾_)

ホントに素晴らしく気持ちの良い映画でした、観ることができてホントに良かったです
もっと上映館増やしてください。
あと19日公開で20日パンフが売り切れってどういうことなんじゃい……トホホ……( ´՞ٹ՞)

ヴォルトロン見てます


日本語の公式サイトもなければPVらしいPVが↑しかなく、Netflixでしか見られないのでどうにもオススメしづらいアニメ「ヴォルトロン」なんですが、ホントに!本当に!!!面白い!!!
一番詳しい説明してくれてるのがニコニコ大百科ってのがなかなか辛いぜ……でもホントに面白いの!!!ホントに!!!!!!

1万年もの間、宇宙を暴力やら恐怖やらで支配し続け、その魔の手が地球にまで及ぼうかとしているガルラ帝国。
宇宙をガルラ帝国の手から解放すべく戦う5人の騎士、そして巨大ロボットヴォルトロン!
簡単に説明するとそんな王道ロボットものアニメのストーリーなんですが、出てくるキャラみんなカッコよくて可愛いんだ!!!!!

一番ネックになりがちなヒロインポジションのアルーラ姫は、ガルラ帝国に自分の国を滅ぼされて、移動式のお城で長い眠りについていたお姫様なんだけども、5人の騎士を見守るお姉さん役かと思いきや、「なんで私だけお城でぬくぬくしてなきゃいけないのよ!!!私もライオン(ヴォルトロンに合体する前のメカ)に乗って前線で戦います!!!」って言い張って、ホントに乗ることになっちゃった色んな意味で強い人。
棍?で戦う回があったんですが、めちゃめちゃ強かった。
生身でも戦える武闘派なお姫様最高です。
ただヒステリックに怒鳴るでも、メソメソするでもなく、いっぱい考えて、いっぱい苦しんで、悩みながらも「みんなを助けて一緒に戦うのよ!」って気持ちで前向きに進んでるところがとってもカッコイイ。
執事?お付きの人?のコランもとっても有能でユーモアに溢れてて良い人です。

一番好きなキャラがタカシ・シロガネさん、通称シローさんなんですが、まずはこのスクショを見てくれ。

ダメですね、これはダメです。
いけません。
これで腐海に落ちない女子がいたら連れてきなさいよってくらいダメです。
あ、これは色々あって髪の毛伸び放題のときのシローさんなので、実際にはもっとスッキリした髪型です。

シローさんは冥王星の衛星か何かを調査中にガルラ帝国に拉致され、監禁、拷問、奴隷として色んな惑星出身の凶暴な人と戦わされ、右腕を失い機械の腕を取り付けられ、恐怖やらストレスやらで前髪の一部が白くなり、ガルラ帝国に潜入していたスパイの人の助力を得てどうにか脱出、地球に辿り着いて他の仲間に助けられる、というもうどれだけ盛り盛りやねん!ってくらい性癖盛りだくさんなけしからんお兄さんです。
奴隷として戦っていた頃はチャンピオンって呼ばれるくらい強かったそうで、でもそもそもシローさんは調査員であって戦いに長けてる人ではなかったわけで。
どれだけ拉致監禁の間に人体改造されたんだ……と妄想が膨らみます。けしからんです。
黒いライオンに乗るリーダー的存在です。みんなのお兄さんであり、お母さんです。

そんなシローさんを真っ先に助けに行ったのがキース・コガネくん、通称キースくん。
赤いライオンに乗るスカした野郎です。
ちょっとした秘密を抱えてるんですが、それは本編見てください。見てください。
シローさんのことを兄のように慕っていて、「俺は何度お前に助けられるんだろうな」って弱音を吐くシローさんに「何度でも助けるよ」ってためらいなく言っちゃうような子です。
キースくんはシローさん大好きなんです。大好きなんです!!!
キスシロです!!!ですから!!!
もーーーーーーーーキスシロ尊いーーーーーーーーーーわーーーーーーーーー!!!

海外だとキスシロもシロキスも「Sheith」ってカプ名になるらしくて、極東島国の固定厨は検索するのも命がけです……。
お願い、ねえ、ホントちゃんと分けよう……?

最後にシローさんのめちゃくちゃカッコイイPV貼っておきます。


この改造された腕をグッて発動させるところが好きで好きで好きで好きでーーーーーーああああああああーーーーー!!!
はー、シローさんが手刀で戦うところ1時間くらいずっと見ていたい……。

Netflixは1ヶ月無料でお試しいただけますので、是非、是非ヴォルトロンシーズン3まで見ていただきたいです。
お気に召しましたら10月配信のシーズン4も是非、是非御覧になっていただきたいと思う所存でございます。
ヴォルトロンはいいぞ。
シローさんはいいぞ。
キスシロはいいぞ。

スパイダーマン:ホームカミング観てきました


ピーターくんが良い子で……本当に良い子で……。
15歳の男の子らしい無茶苦茶なところも、鼻高々になって失敗するところも、素直なところも屈託の無いところも可愛いところも全部すごく良い子で、おばちゃんはもう「応援するしかねえ!」って気持ちになりました。
親愛なる隣人、っていうポジションなスパイダーマンなので、世界が滅亡するとか人類の半分が死ぬとかそういう超大事件じゃなくて、同じ市内県内で起きたらエラいこっちゃな事件が主題になってるのもよかったです。
ハラハラ手に汗握りながら、どこかあったかくて優しい、そんな素敵な映画でした。
ピーターくんがもう少し(年齢的に)大人になったらアベンジャーズに入れるといいね!

親友のネッドくんがウザかわいくて大好きです。
私も座ってる人に憧れる~わかる~。ビシバシガッガッてやるヤツいいね~。
スタークさんのお父さんっぷりもめちゃくちゃ良かったです。
お父さんっていうか、セクシーすぎる親戚のおじさんっていうか、あんなのもうピタトニ一択じゃないですかもうホントありがとうございます、ピタトニください。

アイアンマンをまだ見てなくて、スタークさんの印象が「めちゃくちゃ頭良いけどワガママで扱いづらいコミュ障おじさん」って感じだったんですが、ホムカミ見て印象がガラッと変わりました。
ごめんなさい。ちゃんとアイアンマン見ます。

藤原啓治さんの声が聞きたくて吹き替え版で観たんですが、すっっっっっごく良かったです。
ピーターくんは可愛くてカッコイイ男の子!って感じだったし、ネッドくんピッタリすぎて笑っちゃうし、ヴァルチャーさんはハチャメチャにカッコイイし(大川透さんだった!)、スタークさんは紛れもなくスタークさんでした。

良い映画でした。
ピーターくん頑張れ!!!応援してます!!!

パワーレンジャー観てきました


吹き替え版で観ました。
5回くらい泣いてしまった……( ;ٹ;)
全然変身しなくて、これ何の映画なのかな……って不安になったんですが、ある出来事をきっかけにみんな変身できるようになってからは、もう畳みかけるように「うおーーーー!!!!!ゴーゴーパワーレンジャーーーーーー!!!!!!」って感じで、泣けて泣けて仕方なかったです。
アメリカの高校生が主人公なので、学校の様子とか日本と全然違っていて不思議な感じ。そういうもんなんだーって思って見れば大丈夫。

アカレンジャー(日本風に呼ぶ)のジェイソンくんは冒頭でなんかすごいいたずらやらかして、車盗んで(盗んではなかったかも)逃げて事故って掴まって補習クラスに入れられるんですが、なんでそんな大胆なことしちゃったのかさっぱりわからぬ……。将来有望なアメフトのスター選手で街の有名人なのになんで……もっと慎重に生きようぜ……あれか「イキっちゃった」ってヤツか……。
リーダーになれって言われてからはすごく頼もしくて冷静で時々カッとなるけどすごくカッコイイ「レッド」になったので、その資質を何故冒頭から発揮しなかったのだ……とおばちゃんいらぬ後悔をしてしまいます。
アオレンジャーのビリーくんは超癒やし、超天使枠!!!杉田智和さんの声もバッチリぴったりで母性本能くすぐられまくりでした。可愛い、泣けちゃう……。
ビリーくんがいてくれて本当に良かった。良かった……( ;ٹ;)
腐った妄想で汚してはいけないピュア天使枠。
モモレンジャーのキンバリーちゃんは多分リアルだと絶対に私がお友達にならないタイプだ!ってくらい華やかなイマドキの女の子。すごい度胸があってビックリしちゃう。
ピンク!!!って感じでした。私が子供の頃から「こんな人には絶対になれない、私とは望まれているものも神様から与えられたものも違うんだ……」って憧れどころか諦めと絶望の目で見ていたピンクそのもの……。
イエローレンジャーのトリニーちゃんは今の時代だから生まれたようなキャラクターでした。一昔前だったら絶対いないタイプ。もし次回作があるならもっともっとはっちゃけてほしいし、たくさん笑顔が見たいです。
水樹奈々さんが声あててらしたんですが、全然わかんなかった……こんなハスキーでやる気の無い声も出せるんだ……!声優さんってすごい。
ブラックレンジャーのザックくんはねえ、ザックくんは……もう……ホント、可愛いので……うん……。
なんだもう、腐女子向けか!!!ってくらいブラックでした。赤黒でいいんじゃないかな!!!!!!!
腐女子じゃない目線だと黒黄がいいな。でも桃黄が好きだからそれはないな。
敵のリタお姉さんも素敵でした。沢城みゆきさんの若干クドい感じの演技がめちゃくちゃ合ってて、怖いのに可愛くてとっても良かったです。

なかなか変身しねえじゃねえか!ってご立腹な方もいるらしいんですが、パワーレンジャーは戦隊モノっていうより青春映画なのでそれでいいんだと思います。
不器用で、学校からも社会からも家族からもはみ出しちゃってて、上手に生きていけない高校生5人の青春映画!成長の物語!それがパワーレンジャーだ!!!

ジョン・ウィック:チャプター2観てきました


「キャー!ウィックさん素敵ー!!!もっと殺ってー!!!」みたいな爽快痛快ガンアクションムービーでした。
頭から終わりまでウィックさん可哀想でかっこよくてたまらんです。
今回は犬も安全で嬉しい!ありがたい!
コンチネンタル(ホテル)の設定も深くなっててワクワクが止まらないぜ!
生まれ変わったらコンチネンタルの交換手になりたい。
コンチネンタルホテル、メキシコ店がオープンするらしいんですけど、次の舞台メキシコっすか!?
主席連合とかホームレスの王様の独自組織とか、新しい設定も広がって、今から次回作が楽しみです。
ジョン・ウィックの世界観好きだなあ。
ホームレスの王様、どこかで見たことあるな……と思ってたらハンニバル(ドラマ)のジャックさんでした。
前作のクラブに引き続き、ダンスホールっていうのかな?人が多いところでのアクションが小気味よいです。
バンバン撃てるし、バンバン殺せるからね!!!たーのしーい!!!
手話で話すアレスさんがめちゃくちゃ素敵だった、かっこよかった……。
手話に手話で返すウィックさんもかっこよかった……手に色気のある人っていいな……。
キアヌはかっこいいな……。

ところでウィックさんの奥様がウィックさんの想像上の人物だったら萌えるなあ、と思っており申し訳ございません。
写真にも動画にもウィックさんしか写ってない。
周囲の人はあまりにもウィックさんが奥様がそこにいるかのように話すから「いないじゃんwww」とも言えず話を合わせてる的な。
たくさんの人を殺しすぎて精神状態が危ういウィックさんの拠り所的な存在、イマジナリーフレンズもといイマジナリーワイフ。
イマジナリーワイフがなんで死ぬんだよwって感じですが、まあそこはウィックさんがあまりにも奥様を現実化しすぎてストーリー作りすぎちゃったから~みたいなふわっとしたアレで。
そんな設定の二次創作が私は読みたい。

▽素敵なクラシック音楽に乗せて前作のあらすじがわかる……わかる?動画(太鼓の達人風)

ここからいつもの如く愚痴です。

公式サイトの相関図がものすごくありがたいんだけど、ものすごく見づらいので、web企画担当者に抹殺指令出したいんですが。
スマホで見るとイライラで死ぬ。PCで見てもイライラで死ぬ。
誰だこんなゴミみたいなデザインにしようって言った輩は。バカなのか。
http://johnwick.jp/chart/index.html

同じく公式サイトの著名人コメントのゴミっぷりもすごい。
http://johnwick.jp/comment/index.html
このコメントもらうのにいくらギャラ払ったんだろう。
PR方針間違いすぎで失笑するレベル。このコメントだけのB5見開きチラシまで作ってるんだぜ、信じられない。こんなもの金出して作るくらいなら相関図見開きでチラシにしてよ。
せめてコメントの脇に著名人とやらのサインなり顔写真なり入れておけばファンの人とか喜ぶかもしれないけど、名前と中身のないコメントの文字だけで喜べるほど頭おめでたくないのでな。

S.W.A.T (2003年)観ました


ジェレミー・レナーにつられて……わかりやすい思考……( ˙︶˙)
↑の予告編の最後あたりで主人公と女性がキスしてる(しそうになってる)シーンがありますが、ラブっぽい要素そのくらいで、しかもそのシーン同棲生活最後の日の別れのシーンなので、実質ラブ的要素ほぼないに等しいのでありがたかったです。
意味のないラブシーンが苦手なんだ……。

じぇれみ演じるギャンブルちゃんのビッチ臭がものすごかったです。
いやあ可愛かった、ギャンブルちゃんクソビッチで超可愛いよ、可愛い。
なんでそんな性格のままS.W.A.T.やってるんだろ、ってくらい無鉄砲で怒りっぽくて自己中で、でも超可愛いギャンブルちゃんと、そんなギャンブルちゃんの相棒であるストリートくんのお話です。
ストリートくんが主人公なんだけども、ギャンブルちゃん可愛いしか言ってなかった気がします、面目ない。
ストリートくんも相当跳ねっ返りというか無茶な性格してるはずなんだけど、ギャンブルちゃんが破天荒すぎてものすごい常識人に見える不思議。

S.W.A.T.の華麗な活躍を描く!というより、エンタメ+青春学園モノ(登場人物大人だけど)みたいな感じでスナック感覚で楽しく見れました。
うん、青春学園モノっていう表現が一番しっくりくる……。
意見の食い違いによる相棒との別れ、新しい仲間との出会い、軋轢、事件、かつての相棒との再会と争い……めちゃくちゃ王道ですな。

うーん、ギャンブルちゃん可愛い、ホント可愛かった。
絶対に友だちにはなりたくないけどめちゃくちゃ可愛くて好きです。
とても良い相棒兼ライバルでした。
ごちそうさまでした。
ギャンブルちゃんがS.W.A.T.に残るifストーリーください。

キング・アーサー (2004年)観ました


「まだ推しが決まってない頃のフークア監督の作品だよ」ってお友達に言われて、へー、と思って観たらホントにそんな感じでした。

アーサー(アルトリウス):影が薄い。正直そんなにカッコよくない。劉備タイプ。
ランスロット:女好きって雰囲気漂わせてればいいってもんじゃないぞ。グウィネヴィアの裸を紗越しにこっそり見て好意を固めたっぽく見えたけど、まああんな男所帯の中にそれなりに見れる容姿の女性が紛れ込んだらそりゃ好きになるわな。二刀流は斬新。
ダゴネット:一番死んじゃいけない素敵な人だったのに……。悲しい……。
ボース:お父さん、ちゃんと結婚してね。
ガラハッド:半ズボンのウィルくん(ハンニバル)。もっとトリスタンと絡んでくれて良いのよ、って思ってごめんなさい。一人だけ年齢若くて可愛かったです。最後、ボースに担がれてきたトリスタンを受け止めるシーンで「ああっ(∩//∩*)」ってなって更にごめんなさい。
グウィネヴィア:地雷。自分に男を慰める、励ますだけの魅力があるって信じて疑わない女、ホントに地雷なんで無理です。すげえなあ、最初から最後までアーサー誘惑することしかしてないよ、誘って断られる可能性とか全然考えてないのね。すげえよアンタ、大したタマだぜ。ってかシナリオがもう彼女とアーサーくっつけることに必死で萎えました。映画を御覧のお父さんへのサービスシーン(おせっせ)とか長々要らないんで、10秒でちゃちゃっと終わらせてくんないかな。魅力的に描こう描こうって制作者の頑張りを見せつけられる度に「はあ」って冷めていく自分が辛かった。
セルディック:敵のおじちゃん。ビジュアルがとても素敵でした。戦いの前にパンを食べる男。
シンリック:声がランサーの兄貴(吹き替えで見た)だったので、しゃべる度に「あ、兄貴~~~!」ってなりました。一人声がアニメ寄り。

それはともかくこの映画のMVP。

トリスタン:マッツ・ミケルセンの存在感には誰も勝てない。果てしなくセクシーで可愛くてカッコよくて最高にたまらなかったです。トリスタンがいたから最後まで見れた。本当に素敵だった。ありがとう、ありがとうトリスタン、マッツ・ミケルセン。マッツに鷹を持たせようとした人誰ですか!あんた天才だな!!!!!!本当にありがとう、1時間ずっとマッツトリスタンだけ見ていても良かったです。吹き替えの声も控えめでとっても良かったです。褒めるところしか見つからない。たまらんです。

地雷が混じってたので心の底から楽しめなくて本当に申し訳ございません。
「アーサー王伝説にはこういう解釈もあるんだよ」っていう、真面目な映画な印象でした。
シナリオなのか撮り方なのか、どうも私には合わなくて、ところどころ白々しく感じてしまったり、「カッコイイだろ!?」って見せられてるはずのシーンも「え、そうでもない……」って思ってしまったりでした。
でもところどころマグニフィセント・セブンに繋がっていくというか、この映画を通ってマグ7ができたんだな、って感じるシーンもあって、そこは面白いなあって思いました。

ハクソー・リッジ観てきました


飛び散る血しぶき!ちぎれる手足!舞う頭!あふれ出す内臓!襲い来る日本兵!
そんなしんどい波が2回ほど襲ってくるんですが、フィクション交えたドキュメンタリー戦争映画としては綺麗にまとまっていたのではないかと。
これでもかこれでもかとエグい流血シーンを見せられるのは、パンフでもどなたかがおっしゃられてた通り、あの地獄のような場所から負傷兵を救い出すデズモンドさんの姿を生々しく、神々しく描くためだったのだと思います。
ジャンヌ・ダルクと民衆を導く自由の女神とナイチンゲールを足して三で割って性別男性にしたかのような、そんな印象を受けました。
「あと一人」「あと一人だけ」のところ、グッときました。

「結果としてたくさんの人助けたから美談だけどさ~」とか野暮なことは言わない。
デズモンドさんという人がいて、戦争があって、デズモンド・ドスという生き方を全うした、そういう真っ直ぐな映画でした。

うっかりファーストデイに観に行ってしまったばかりに、左に上映中に何度も何度もスマホ光らせるおばさん、右におにぎりと缶チューハイ持ち込み+飛び散る四肢に悲鳴→ずーっとヒーハーヒーハー言ってる+エンドロール中に連れ(缶ビール持ち込み)の男性と延々おしゃべりおばさんにぶち当たってしまい、散々な時間を過ごさせていただきました。どうもありがとう。もう二度とファーストデイに映画館に行ったりしません。
正規料金で映画観ない人間の民度低すぎか。上映前のマナー動画も理解できない原始人かよ。
頼むから「すみません、携帯やめてもらえませんか」なんで馬鹿みたいな注意させないでくれ。鞄の中で見てるからわからないと思った?残念!めっちゃ光ってて気が散るったらなかったよ!!!
だから安い買い物しかしない人間は程度がしれるとか言われるんだぞ、反省しろ。
本当、もう絶対に安い日に映画観に行かないからな。映画館であんなゴミみたいな時間過ごしたの初めてだったよ。

ここから超個人的な意見になるので畳みます。

続きを読む

キング・アーサー観てきました


何度観ても「うわあ」な予告編だ……はてしなく馬鹿っぽい……。
こういう方がとっつきやすいのはわかるんですが、もうちょっとカッコイイバージョンのトレーラーも作ってくれていいのよ。

それはさておき「ぼくの考えた最強のアーサー王伝説同人誌」A4フルカラー240pって感じでとても楽しかったです。
あとがきに「ネーム切ってるうちにアーサーの叔父に感情移入しちゃって(汗)機会があれば続編も描きたいです」とか書いてありそうでとっても好きです。
作ってて楽しかっただろうなあ、ってひしひしと伝わってくる。
これを!作りたかった!撮りたかった!観てくれ!!!俺のアーサーを!そしてジュード・ロウを!!!って感じ。
アーサーの叔父さんをジュード・ロウが演じてるんですが、まあ黒い衣装セクシーなことセクシーなこと。かっこいいったらありゃしない。

↓めちゃめちゃかっこいいポスターのリンク
http://www.impawards.com/2017/king_arthur_legend_of_the_sword_ver4.html

私のイチオシは弓のおじちゃんことグースファット・ビルさんです。

何度捕まえても脱獄しちゃう、上から三番目のお尋ね者。
めっちゃかっこよかったです。
弓使いに弱いなあ……私は……。

なんかデヴィット・ベッカムが出てたらしいんですけど全然わからなかった……ごめんなさい。
トリガーって名前には覚えがあるんだけどなあ……どこで出てたっけな……。

難しいこと考えずに観れるとにかくカッコイイ映画です。
ガイ・リッチーとジュード・ロウが好きなら絶対はあはあできるはず!
アーサーが引き抜いたのがカリバーンじゃなくてエクスカリバーなのにもちゃんと理由があって良かったです。

日本版のトレーラーとの温度差がすごい本国版トレーラー。音同期がかっこいいです。


こっちはこっちでシリアスすぎて「何か違う( ՞ٹ՞)」って気がしちゃってじゃあどうすりゃいいんだよ!って感じだね!わがままでごめんね!!!

ローガン観てきました

しんどい。

しんどいが過ぎる。
一個のしんどいが終わったかと思ったらすぐに次のしんどいが襲ってきて、最初から最後までずっとしんどい……なんだこの映画は、幸せそうな穏やかなシーンすら次に襲ってくるしんどいの布石で本当……本当に……もう……つらい……。

しんどいしか言えないんですが、本当に良い映画でした。
Twitterとかでは「ありがとうローガン」ってハッシュダグで感想呟くのがいいみたいなんですが、ありがとうとかそんな言葉で収めたくないこの気持ち。
ありがとうじゃないだろ……なんかもっといい言葉があるだろうがよ……。
あとローガンだけじゃないだろ、チャールズが、チャールズが……チャールズ……が……う、ううう、う……チャールズ……。

X-MENの映画は
X-MEN:ファースト・ジェネレーション
X-MEN:フューチャー&パスト
X-MEN:アポカリプス
の3作しか追ってないんですが、それでもこんなに胸が苦しくて映画館で号泣して思い出す度に目の奥が熱くなってしまうくらい本当に辛くて、でも本当に良い映画だったのでたくさんの人に観てほしいなって思います。

チャールズがホントにホントに好きです。
なんでそんなに優しいんだよう……もう……馬鹿……チャールズ……。